「邁進」の意味とは?読み方や類語・敬語表現も解説(例文付き)

昇進させる。 広く知られるようにする。

「驀地」と書いて、なんと読むのですか?|漢字文化資料館

「揚レ名(なをあぐ)」 2 「あがる」 (ア) 高く上がる。

「邁進」の意味とは?使い方や例文をご紹介

上の方で結ぶ。

「邁進」の意味とは?読み方や類語・敬語表現も解説(例文付き)

2 (名前を)世に広める。

19

道浦俊彦/とっておきの話

「地」には実は、中国語では副詞を作る接尾語になる、というむずかしい働きがあって、この「驀地」の場合も、その働きをしているのです。

6

道浦俊彦/とっておきの話

「浮揚」 (イ) さかんになる。 2 1 から転じて 物をむりに取りあげる。 「御種人参(おたねにんじん)」などの別名もあります。

驀地【まっしぐら】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

海外から上司やCEOを迎えた時に仕事への思いや熱意を「邁進する」という言葉を使って表現しましょう。 意味はとてもたくさんありました。

「驀地」と書いて、なんと読むのですか?|漢字文化資料館

「邁進」の類語その1:「一途に努力する」 「邁進する」で「一途に努力する」様子を表す類語に「専心する」「専念する」「ひたすらに追い求める」などがあります。 目上の人に激励の意味で使う場合は「邁進なさるようお祈りします」など敬語表現を用いるのがふさわしいと言えるでしょう。 さあ、そして、やっぱり漢字のことは漢和辞典でしょう。

17

道浦俊彦/とっておきの話

4 すべてを出す。 業務にひたすらに邁進し続けることが大切です。

8