【小瀧 望】主演舞台『エレファント・マン THE ELEPHANT MAN』舞台挨拶レポ前半

体に不調を起こすことなく稽古の期間を含め千秋楽まで上演されたことが奇跡のようにも感じるし、日頃から筋トレに凝って体のことを気遣って過ごしていた小瀧くんなので、自分の好きなことを仕事にめいっぱい活かしてる現場を見れたようでもあって、そういう意味でもなんだかンとくるものがあった。 正直、とっても悩んだ。

7

エレファント・マン (戯曲)

二人が結婚したのはのことで、当時のジョゼフ・ロックリーの職業はの御者であった。

10~11月上演 森新太郎演出 世田谷パブリックシアター×東京グローブ座『エレファント・マン THE ELEPHANT MAN』の上演が決定しました

観劇した方たちが口々に、「あれはではない、ジョン・メリックだ」とでつぶやかれていたけれど、幕が開いて理由がすぐ分かった。 この人物に関する詳細は不明だが、何らかの形で医業にかかわっていた人物と考えられ、人気俳優W. その頭部の巨大さから普段はベッドの上に座り抱えた両膝に頭を乗せるようにして寝ていた。 バーナード・ポメランス『エレファント・マン』訳、河出書房新社、1980年 日本公演 [ ] 1981年上演。

13

「エレファント・マン」を観劇した感想

医師、女優、興行師、警官、聖職者、投資家、皇太子妃……etc. ハウエル、フォード、本戸 57ページ• 特殊メイクもBGMも特別な照明も衣装さえもほぼないのに、でも確実に「奇形」と呼ばれたメリックの体が、のんちゃんの身体表現ひとつで出来上がっていった。 苦難の歳月 [ ] 病変の出現 [ ] 出生時のメリックの身体には何の異常も認められなかったが、生後21ヵ月頃に最初の病変が、口の下付近の硬い腫れ物として出現、これは数ヶ月のうちに右頬にかけてのこわばった腫瘍となって拡がり、やがて口の中からはピンク色の肉塊が突き出てきて上唇を外側に押し出していった。 劇場という場所に『生きる』ことそのものを感じる、我々作り手と、お客さんとがまた出会えることに、ワクワクしています。

5

ジャニーズWEST・小瀧望が「エレファント・マン」を熱演、進化が止まらない

いい人間なのか信用ならない人間なのか、どう思われているんだろう。

エレファント・マン (戯曲)

当然なんですが、こちらから見えない時も小瀧くんはずっとメリックなんですよね。 そしてトレヴェスの方針により、どちらの部屋にも鏡は一つも設置されなかった。 (本当は違いますが…)その言葉を信じて、私らしく演じられたらと思っております。

13

ジャニーズWEST・小瀧望が「エレファント・マン」を熱演、進化が止まらない

天国を信じてるから。

18

「エレファント・マン」を観劇した感想

この人物の名はFerrariだったともいわれる 英語版ページより。

4