【怒羅権】半グレをつくった男【償いの日々】

だって、刑務所で本を3000冊読んだんですよ。 それで、ワン・ナンさんが一生背負っていく過去を視聴者に再び思い出させる構成になっている。

5

刑務所からも大反響 ザ・ノンフィクション「半グレをつくった男」(2ページ目):日経クロストレンド

佐々木 企画したのは西村さん? 西村 そうです。

12

【怒羅権】半グレをつくった男【償いの日々】

その資金は、汪楠さんの婚約者が工面し、寄付してくれた大切な「50万円」だった。 これまでに手がけた番組から、こだわりの仕事論に迫る(全4回の最終回)。 このとき、私も含めた視聴者の多くが「汪さん、やっちまえよ」と思ったことだろう。

17

刑務所からも大反響 ザ・ノンフィクション「半グレをつくった男」(2ページ目):日経クロストレンド

西村 はい。 しかし、日本国籍を持たない汪楠さんは、就労することが許されず、受刑者支援の活動資金は、常に足りない状況だ。

7

『ザ・ノンフィクション』元受刑者への支援は“甘え”なのか?「半グレをつくった男 ~償いの日々…そして結婚~」(2019/09/24 16:27)|サイゾーウーマン

受刑者に本を送る活動資金はギリギリだ。

【半グレ】関東連合もガクブルになった渋谷の神原三兄弟!!:仮想通貨にどハマりしたど変態野郎のブログ

中国残留日本人だった継母の帰国について来て日本に移り住むも、壮絶な差別やいじめから日本社会への怒り、恨みを募らせ、半グレの元祖となる組織「怒羅権」を結成する。

17

半 グレ を 作っ た 男

しかし、日本国籍を持たない汪楠は、就労することが許されず、受刑者支援の活動資金は、常に足りない状況だ。

「首を切り落とそうとした」男が…半グレから再起させた“言葉”の力

だからあの時、殴らなかったのは自分の問題として捉えたんだ」と。

18

『ザ・ノンフィクション』元受刑者への支援は“甘え”なのか?「半グレをつくった男 ~償いの日々…そして結婚~」 (2019年9月24日)

「コミュニケーションができれば、いじめも受けないと思ってたんだけど、日本語を覚えたら差別発言の意味が分かるようになっただけでね…」という絶望的な言葉に、胸が締め付けられる。 暴走族に加入出来ないってどんだけ悪なんだよ・・・。 「あの建物の最上階に飲み屋があって、ヤクザの組員の人が俺の財布を盗んで、そのお詫びに一杯、一緒に飲もうと言われて、今度はその飲み代も払わせようとした。

14